トップのメインキャッチコピー

美白コスメいろいろ

美白コスメの中には、いくつかの種類がありますね。
徹底調査をしてみると分かるのですが、その種類はとても多いのが特徴です。
まず、コスメスキンケアに関しては、いくつかの選択肢があるものです。
この場合はいくつものラインが有るということは別にしても、基本的なことを教えておきましょう。

美容液の使い方と注意点

まず、なんといっても美白コスメスキンケアの中では、圧倒的に美容液に関わるものが多いものです。
これは何かというと、美白をうたっているコスメスキンケアラインは、特に美容液に力を入れているものがとても多いのが特徴といえるでしょう。

美容液と言っても、その種類は様々です。
テクスチャやそのラインなどによって種類を選ぶことができますし、またどの美容液を使うかについても選択肢は幅広いものです。
最近は特にプレ美容液と言って、お風呂あがりや洗顔後にすぐにつける美容液というものがあります。
保湿効果・肌を整える効果が高いものがありますが、美白を求めるのであればこの成分は実はあまりオススメできません。
むしろ、化粧水後の美容液であれば、美白に対してもかなり効果を示してくれるのです。

もちろん、お風呂あがりに美容液をつけてはいけない、ということはありません。
ただ、ある程度お肌に美容成分が充実しており、また保湿が十分になされている肌の上であれば、コスメの成分も十分に行き渡ることもあるのです。
さらに、お肌が敏感な方は、敏感肌スキンケアを使用することをお勧めします。
最近は特に有名なコスメラインはなるだけスキンケアの途中につける美容液を積極的に開発しているので、そういう使い方のものを選び自分の肌にあったものを使うようにしましょう。

クリームの使い方と注意点

もう一つ、美白のために欠かせないものはクリームです。
クリームとはスキンケアの中でも一番最後に使うものです。
お肌に水分と美容成分をたっぷり与えた後に、しっかりと肌になじませて肌に油分を与えるというものです。
油分が比較的多めのスキンケアとしては乳液もありますが、やはりクリームの濃厚さはたまらないものでしょう。
とくに油分や美容成分が多いこともメリットですし、また最後につけることで肌がきっちり整うということもあります。
肌がきれいに整うこともメリットですが、また肌がこの上なく美しくなることもメリットといえるでしょう。

このクリームに関しては、一般的なコスメラインの場合は一番高いことが多いものです。
それは、無理もないことでしょう。
というのも、オイルや美容成分などによりとても濃厚に作られているため、やはり肌を整えるためにも重要なアイテムとなっているのです。
その分、肌に対して負担をかけやすいというデメリットも有ります。

また、光感作と言ってクリームに含まれる油分が日光に反応して、シミを作る場合があります。
そのため、クリームは夜専用となっているところはとても多いものです。
もし購入したクリームが夜専用になっているのであれば、使い心地が良くても夜のみに使うようにしましょう。

日焼け止めの使い方と注意点

美白のために欠かせない成分のもう一つは、紫外線をカットする日焼け止め・サンケアアイテムです。
これはコスメスキンケアラインとは別で、むしろ紫外線カットのためのアイテムは化粧下地やベースメイクのラインに含まれていることも多いものですが、 日中用乳液などは紫外線カット効果があるものも多いものです。
一般的な紫外線カットであればSPF20程度、少し外にいる時間が長いのであればSPF30程度で十分と言えるでしょう。
紫外線カットアイテムは強いものをガンガン使うといいというものでもありません。
むしろ丁寧にこまめに塗り直すほうが良いとされています。
このため、美白のためにはとても欠かせないアイテムとして塗り直ししやすいものを選ぶのもオススメです。